非変性2型コラーゲンUC2サプリ

非変性2型コラーゲン(UC2)が関節痛に効く

日本ではグルコサミンやコンドロイチンが関節痛サプリとして定番です。
でも、それ以外にも関節痛に有効な成分はあります。

 

 

海外では

 

非変性2型コラーゲン(UC2)

 

が注目を集めています。

 

ハーバード大学で研究された軟骨成分とのこと。
情報ではアメリカのほうで、特に注目度が高いとのこと。

 

その関係か非変性2型コラーゲンのサプリメントは海外輸入品が多いです。

 

 

日本では(管理人だけ?)あまり馴染みのない非変性2型コラーゲン。
でも非変性2型コラーゲンを配合したサプリはちゃんと販売されています。

 

 

 

 

アリスコーポレーションのUC-IIエクセレント

楽天市場で人気のUC−2配合サプリメント。

 

アリスコーポレーションのUC-IIエクセレント

 

人気があるのかどうか確かなことはいえませんが…。
楽天市場ではUC−2サプリメントとしては、一番多い口コミ数を誇ります。

 

【UC−2エクセレントの口コミはこちら】
UC−2エクセレントの口コミ

 

口コミをみて、まず目に飛び込んでくるのが「リウマチ」対策として購入したというものです。

 

UC−2は関節痛に有効だとされています。
ただリウマチ対策として購入している人が多いです。

 

関節痛だけではなく、筋肉の痛み対策としてもUC−2は求められています。

 

 

コンドロイチンやグルコサミンを購入している人は、他の人からしたら見えない関節痛です。
でも、リウマチで困っている人は、他の人からも見えるものといえばいいでしょうか。

 

人から症状が見えるというのは、どうにかしたくなるものなんですよね。
リウマチ対策として非変性2型コラーゲンが有効なら、もっと人気がでていいサプリメントのように感じます。

 

 

話がそれました。
リウマチに効果が高いということでUC−2エクセレントを購入している人は、指に痛みを感じている人がよく購入しています。

 

関節痛といえば、膝や腰。
それらはグルコサミンやコンドロイチンが求められています。

 

指の関節痛にはUC−2が求められているわけです。

 

 

UC−2エクセレントは平均評価は4点台前半です。
楽天市場の評価と考えれば、無難な点数だといえます。

 

評価をつけている人も、★2や★1評価の人はほとんどいません。
ですが★5評価と★4評価の人が同じぐらいの人数ということで、大満足している人はそれほどいません。

 

 

悪い商品ではないが、値段相応だといったところでしょう。
UC−2エクセレントは値段が高いです。
その点で、5点評価はつけづらいのかもしれません。

 

 

 

 

 

海外の非変性2型コラーゲンサプリジョイントヘルス

UC−2サプリは海外製品が多いです。

 

UC-2 ジョイントヘルス

 

もちろんメリットは値段が安いという点です。

 

先ほど紹介したUC−2エクセレントは1ヶ月が約8000円とびっくりする値段です。
でも、UC-2 ジョイントヘルスは1ヶ月分が約2500円です。

 

 

海外サプリメントということで心配になる人もいるかもしれません。
でも、NOWブランド(?)といえばいいでしょうか。
このパッケージのサプリメントってかなり定番ですよね。

 

 

自分もこのパッケージのサプリメントは購入したことがあります。
画像のものはビオチンサプリメントです。

 

 

なので、UC-2ジョイントヘルスは値段が安いUC−2サプリメントとしておすすめです。
UC−2サプリメントは値段が高いものが多いようです。

 

日本より海外のほうがUC−2サプリは定番のようですから。
日本のメーカーのものにこだわるより、海外サプリのほうが信頼できるかも!?

 

 

 

 

非変性2型コラーゲン(UC2)サプリは買う価値があるか?

リウマチの人や、指が痛い人にはUC−2サプリメントを試してみるのもいいかと思います。

 

うちの親は

  • 手首

ここらへんが厳しくなっています。
手首は関節痛というより、骨(?)が薄くなっているとか、そんなことを言っていました。

 

なので、まだ必要ないかなぁ。
ただ普通に関節痛対策としても非変性2型コラーゲンは有効とのことです。

 

 

リウマチでなくても、膝や腰の関節痛対策として非変性2型コラーゲンサプリを試すのもありです。
物によっては、グルコサミンやコンドロイチンのサプリメントより安いものもあります。

 

 

海外の関節痛対策を試してみたい人ならいいかもしれません。
日本ではグルコサミンやコンドロイチンが定番ですけど、これって日本だけなんでしょうかね?

 

メーカーのほうも、商品は売れないといけないわけです。
ボランティアで関節痛対策商品を販売しているわけではありません。
非変性2型コラーゲンなんて多く人が知らないでしょう。

 

そう考えると非変性2型コラーゲンのサプリを販売するより、コンドロイチンやグルコサミンといったなじみある成分のサプリを販売しますよね。

 

非変性2型コラーゲンが注目を集めれば、多くの日本のメーカーも非変性2型コラーゲンサプリを製造&販売するでしょう。

 

【UC-2サプリ商品一覧はこちら】
UC−2サプリ

 

コラーゲンが関節痛にいいというのは知っていました。
でもコラーゲンでも非変性2型コラーゲンなるものがあるとは知りませんでした。

 

 

日本人って海外の健康対策よりも、日本のテレビで紹介された注目されているものに飛びつきます。

 

健康効果が高いものより、注目されているものを試したいという趣味的要素があると思うんです。

 

それが悪いとは自分は思っていません。
買い物ってそういうものですよ。
自分がほしいと思ったものを買えばいいわけで、効果が高いものを買うのが正しいとは限らないです。

 

 

非変性2型コラーゲンはグルコサミンやコンドロイチンと比べると、聞きなれない名前です。
注目が集まらないと種類が増えてこないかもしれません。

 

今現在は非変性2型コラーゲンはリウマチ対策として人気の高いものだといえそうです。
関節痛対策として人気がでるのかどうか、今後に期待しましょう。